自宅にあるいらない茶道具は今が売り時【買取価格を上げるコツ】

茶道具の買取価格が上がっている理由を知ろう

ロゴ

自宅にあるいらない茶道具は今が売り時【買取価格を上げるコツ】

お茶

世界的抹茶の流行

茶道をするうえで絶対的に欠かせないのが茶道具ですが、最近では世界的に抹茶ブームが起こっており、とても需要が高くなっています。外国人に向けて日本の文化を体験してもらうことで、茶道の素晴らしさを知った人達が欲しがっているのです。この流れは今後も続いていくと考えられるので、ニーズはどんどんと広がっていくでしょう。

他の骨董品より高く買取してもらえる

茶道具は、骨董品という位置づけです。他の骨董品と比べても高値で買取されている傾向にあります。これは先ほど紹介した世界的抹茶の流行から需要が高まっていることもありますが、他にも理由はあります。基本的に骨董品は歴史的価値で値段が決まりますが、茶道具は実用性が高いです。古い茶道具であっても作りがしっかりしているものなら現役で使用できるものもあります。

歴史と味の両方を楽しめる

茶道具の中でも古いものを使って立てたお茶は味が違うと言われています。歴史的価値だけでなく、実用性を兼ね備えているので、買取価格が高くなっているのでしょう。鑑賞することもでき、使用することも出来るので価値が高くなるのは納得出来ます。いらない茶道具を持っている方は、買取価格が高くなっている今が売った方がいいでしょう。

有名な茶道具作家

金重陶陽は茶道具作家の中でもとても有名な1人です。花入れや茶入れ、水指を作る陶芸家で、金重陶陽の作品はどれも高値で取引されています。これまでに買取された作品を見てみると、50万円の買取価格がついた茶道具があるくらいです。有名な陶芸家なので偽物の作品も多く出回っており、間違って購入しないよう気をつけましょう。

骨董品を高値で買取してもらうコツ

no.1

1.専門の買取業者に売る

骨董品はとても価値をつけるのが難しいものです。なので、リサイクルショップなどに持っていっても正しい価値が判断できずに安く買取られてしまう可能性があります。売る時は絶対に骨董品を多く扱っていたり、専門的に買取している業者を利用しましょう。これだけで数万円の差が出ることもあります。

no.2

2.買取店を比較する

骨董品を専門的に扱っている業者に売ると高値で買取してもらえることが分かりました。ですが、更に高く買取してもらうためには、専門業者同士の買取価格や見積もりを比較することです。専門業者でもそれぞれで買取価格が違います。なので、どうせ売るなら高く買取してくれる業者を探しましょう。

no.3

3.付属品を揃える

骨董品は、古いものになると付属品が少ない傾向にありますが、購入時についてきたものは全て一緒に査定してもらった方がいいです。中古品というのは、新品に近ければ近いほど買取価格が高くなるので、箱や証明書があれば必ず一緒に査定してもらいましょう。

no.4

4.綺麗にする

買取したものは中古品として販売されますが、売られる前に汚れている場合はクリーニングをする必要があります。買取した段階で、綺麗な状態だとクリーニングする必要がなくなるのでその分費用が浮きます。浮いた分を買取価格に反映してくれることがあるので、前もって綺麗にしておきましょう。

no.5

5.まとめて売る

いくつか売りたい骨董品がある場合は、なるべくまとめて売るようにしましょう。複数のお客さんから商品を買取るのも、一人のお客さんから複数の商品を買取るのも変わりません。ですが、一人から複数買取る方が、お店側の人件費などのコストが掛かりません。なので、浮いた分を買取価格に回してくれるでしょう。

広告募集中